なぜ勃起力が改善しない?身体に起きている変化と対策ポイントを紹介

なぜ勃起力が改善しない?身体に起きている変化と対策ポイントを紹介

29view

2018.09.27

どうして勃起力が改善しないのか?身体に起きている変化に注目

せっかくのパートナーとのラブタイムが台無しに。そんな経験をして勃起力が弱まっていることを自覚してから、食事や睡眠などに気をつけるようになったものの、どうしても改善しない……。それはなぜなのか?

勃起力がなかなか改善しないのは、男性特有のホルモンやその他生活習慣などに関することが大きく関わっています。勃起力を改善するにはまずは身体に起きている変化を知り、それに対しての対策を取ることが大切なのです。

勃起力が改善しない7つの身体の変化の理由とは

勃起力が改善しない身体の変化の理由①男性ホルモンの低下による

女性と同じように男性も、加齢とともにホルモンの減少が見られるようになります。20歳くらいを境に次第に減少傾向をたどり、30代から勃起力低下を実感する人も中にはいます。加齢は誰にでも起こり得ることですが、その進行を遅くすることはできます。

勃起力が改善しない身体の変化の理由②血行不良

勃起力に欠かせないのが血液です。男性の中で気づいていない人が多いのですが、冷え性の人は結構多いもの。お腹やお尻を触ってみて冷たいと感じるなら、冷え性の可能性が高いと考えられています。男性ホルモンの減少によっても血行不良が起きやすくなるので、勃起力改善のためにも極力身体を冷やさないようにすることが大切です。

勃起力が改善しない身体の変化の理由③筋力低下

普段から筋トレやその他ワークアウト、運動を取り入れた健康的な生活を送っているでしょうか?実は筋力低下によって、勃起そのものやそれを維持するための体力低下へと繋がってしまうのです。

筋力低下=男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減少

この方程式が成り立ってしまいます。その結果、性欲減退、勃起に必要な一酸化窒素の分泌が不足気味に。

勃起力が改善しない身体の変化の理由④食生活の乱れによる

今ある身体はこれまでに食べてきたもので作られています。これを考えると今の身体の状態にうなずける人は多いのではないでしょうか?勃起力低下にも食生活が関係しています。ファーストフードなどのジャンクフード、お菓子、コンビニ食品、インスタントものばかりを食べていることで、知らず知らずのうちに身体に毒素が溜まってきてしまいます。

栄養バランスも悪いため、勃起力もダウン傾向に。またアルコールの過剰摂取にも注意が必要です。全身の神経が鈍くなり、アルコールを分解するのに必要なビタミンやミネラル成分などが大量消費されます。身体の中の栄養素が足りない状況下に陥ることとなるため、当然勃起力も低下してしまうでしょう。

勃起力が改善しない身体の変化の理由⑤睡眠不足や蓄積疲労

睡眠不足を感じながらの1日って何をするにもパフォーマンスが低下していると感じませんか?逆にハイテンションで過ごせるという人も稀にいますが、大抵の人は睡眠不足によってストレスを感じているはずです。脳がストレスを受けている状態で、コルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌。

血管を収縮する働きのあるコルチゾール。勃起力に必要な血液の流れを滞りやすくしてしまうため、注意が必要です。蓄積疲労もストレスの原因となるため、日頃から疲労を溜め込まないようにすることが重要ポイントです。

勃起力が改善しない身体の変化の理由⑥糖尿病などの生活習慣病にかかっている

神経が傷つきやすいといわれている糖尿病患者。高血糖状態が続くことが、どれほど神経細胞にダメージを与えることになるのか知っているでしょうか?脳から出される勃起シグナルが決め手となる勃起力。傷つけられた神経ではシグナルそのものが弱く、伝わりにくくなってしまいます。糖尿病によって勃起力の低下は避けられないものだといえるでしょう。

その他、生活習慣病の1つ高血圧の人も勃起力低下に悩まされがちです。血液の循環が悪いことと血管への圧力が高いこととがWパンチ。血管そのものに負担がかかりやすくダメージが及びます。血液が必要な勃起ですから、血液の循環を妨げる高血圧には注意です。

勃起力が改善しない身体の変化の理由⑦肥満やメタボ

消費カロリーよりも摂取カロリーが断然多く、肥満やメタボに陥っている人も勃起力の低下が見られやすいです。内臓周りについている内臓脂肪が多いと男性ホルモンの分泌が上手くされず、勃起力が低下気味になります。

勃起力を改善させる5つの身体への対策まとめ

勃起力を改善させる身体への対策①運動を取り入れる

運動の中でも特に有酸素運動がおすすめ!ジョギングやウォーキング、自転車などの有酸素運動を行なうことで、内臓脂肪を減らすことができ、自律神経をコントロールする物質セロトニンの分泌を促します。

ストレスや緊張にさらされているときに働きやすい自律神経の交感神経。その神経が強く作用することで勃起力にも悪影響が及ぶのですが、セロトニンが作用することで交感神経の働きを抑制。勃起力改善が見込めるでしょう。

また勃起力に直接関わりの深い下半身の筋トレも勃起力改善には効果的です。下半身強化トレーニングで有名なのがスクワット。動画サイトでも多く取り扱っている下半身筋トレメニューの1つなので、ぜひチェックして実践しましょう。

10回×3セットを朝と晩の2回行なうのが理想的です。勃起力改善の他、新陳代謝もアップし、脂肪燃焼効果も期待できるようになってきます。

勃起力を改善させる身体への対策②食生活の改善

いつも今何を食べているのかを意識しているでしょうか?腹八分目の食事を心がけ、タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含む食品を摂ることが、勃起力改善への道をさらに近づけてくれるでしょう。

ビタミンやミネラルは甘いものなどを食べたときに消費されやすく、また日常生活の中で不足しがちな栄養素でもあります。野菜や海藻類に多く含まれているビタミンやミネラル。勃起力改善のためにも積極的に意識して摂取したいところです。

勃起力を改善させる身体への対策③生活習慣の見直し

タバコを普段からよく吸っている人も勃起力低下の兆しを感じているのではないでしょうか?タバコに含まれているニコチンとタール。その両方ともに勃起力を低下させる要因があるのです。

勃起力を改善したいのなら、できれば禁煙が理想的です。でもそれがどうしても難しいというなら、本数をグッと減らすことに挑戦するという手があります。試してみてはいかがでしょう。

勃起力を改善させる身体への対策④ストレス解消

目には見えないストレスほど正直怖いものはありません。身体も心も知らず知らずのうちにむしばまれてしまいます。ストレスを感じているときに働いているのが、自律神経の交感神経。強く作用することで緊張や興奮といった状態に陥りやすくなります。

その状態に陥ってしまうと勃起力も低下気味に。ストレスが溜まっていると感じているなら、できるだけ早く解消させましょう。勃起力改善のためにも必須です。

<ストレス解消法 例>

  • 大きな声で歌う
  • ジョギングなどの運動をする
  • 紙にイヤなことを書いて思いっきり破り、そして捨てる
  • 趣味に没頭する
  • ちょっと遠出する
  • 美味しいものを食べに出かける  など

勃起力を改善させる身体への対策⑤ツボ刺激

勃起力を改善させるのに効果的なツボが身体にあることを知っているでしょうか?生殖機能や精力アップに繋がるツボ。いくつかある中でここでは2つご紹介します。

勃起力改善指のツボ:商陽

人差し指の爪のつけ根の真ん中に注目。そこから親指側に動かした端が商陽です。少し強めに押してあげるのがポイント。

背中のツボ:腎兪(じんゆ)

背中にあるツボ腎兪はあばら骨の下、おへその高さ辺りから背骨を中心に左右指2本分のところに位置するツボです。親指をツボに置きます。そのまま上体をそらすようにするとツボ刺激が楽にできます。腎兪は腎臓の病気、腎機能低下、疲労、だるさ、更年期障害、腰痛緩和などあらゆる効果が見込めるツボです。

勃起力を効率よく改善!身体に補給できる精力剤を利用しよう

ドラッグストアなどでも見かけることがある精力剤サプリやドリンク剤。勃起力を効率よく改善するなら、サプリやドリンク剤も他の改善ポイントと併用したいところです。

勃起力を上げる栄養成分が摂取できます。食事でも気を遣うのと同時に精力剤サプリなどの使用もおすすめです。豊富なラインナップで登場している精力剤。試してみる価値はあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る