勃起力の改善に役立つ!これだけは知っておきたい知識とは

勃起力の改善に役立つ!これだけは知っておきたい知識とは

131view

2018.09.27

勃起不全と勃起力の衰えの違い

勃起不全とは

勃起力を改善するにはいくつかの方法があります。それを知る前に、勃起不全と勃起力の衰えの違いについて知っておく必要があるでしょう。勃起力不全と勃起力の衰えでは改善方法が違いますし、専門医の治療が必要とされるケースもあるからです。

勃起力不全というのはEDとも呼ばれ、ペニスが全く勃起しない状態をいいます。性欲はあるのにペニスが全く反応せず、パートナーとの本番でも全く勃起しない状態になります。

このような状態では自分で改善することは無理で、泌尿器科など専門医の治療と処方が必要になります。もし自分の勃起力が勃起不全だと感じたら、自分で改善する努力をするよりも専門医に診てもらってください。

勃起力の衰えとは

勃起力の衰えの場合は、勃起不全とは違って性欲を感じたときにペニスが反応します。ただし性交途中で柔らかくなったり、途中で興奮を感じられなくなったりして、途中で挫折してしまいます。

このような状態を勃起力の衰えとか、勃起力が弱いといいます。また以前に比べて性欲が少なくなる、興奮度があまり感じられないなどの場合も勃起力の衰えに含めて考えます。

勃起力不全と違って、勃起力の衰えの場合は自分で改善することが可能です。そのために必要な知識を得て、それを実践することによって勃起力を改善し、本来の性欲を取り戻せるのです。

勃起力が衰える原因を知ろう

血行が悪くなる

ペニスへの血行が悪くなると勃起力が弱くなります。なぜ血流の流れが原因になるのかというと、勃起のメカニズムが関係しているからです。

性欲を感じると脳が刺激を受け、その刺激が中枢神経に伝わり、その信号によって血管が広がってペニスに大量の血液が流れて勃起します。このようなメカニズムになっているため、血行が衰えると勃起力も弱くなるわけです。

ペニスはほとんど血管でできていると知っておいてください。勃起力が衰えたり弱くなったりするのは、血行が悪くなったり血管自体が弱ってきたりした証拠なのです。

男性ホルモンの分泌不足

男性ホルモンは男らしさを形成するために必要ですが、下半身にも大きな影響力があります。勃起力が衰えてきたと感じ始めたら、男性ホルモンの分泌不足を疑ってください。

なぜ男性ホルモンが勃起力に影響を与えるかというと、女性の裸を見たり性欲を感じたりすると脳下垂体から大量の男性ホルモンが分泌されるからです。男性ホルモンの分泌が減少すると、必然的に勃起力も弱くなるのです。

勃起力に影響を与える男性ホルモンとして有名なのが「テストステロン」です。全体の95パーセントが睾丸で、残りの5パーセントは副腎で作られていることを知っておくと、勃起力の改善に役立ちます。

加齢による勃起力減退

勃起力の衰えには「血行の悪化」と「男性ホルモンの分泌不足」という2つの大きな原因があります。この2つの原因が当てはまるのが、加齢という問題です。

加齢によって性欲が減退したり勃起力が弱くなったりするのは「血行の悪化」と「男性ホルモンの分泌不足」が同時に起こるからです。特に男性ホルモンの低下は20歳前後から始まって、早い人は30代から勃起力の衰えが出始めます。

人間は誰でも年をとるので加齢を防ぐことはできません。しかし勃起力の衰えを改善し、本来の機能を取り戻すことは可能です。そのためには正しい知識を持ち、それを実践することが大事です。

勃起力を改善する方法

血行をよくするためには

勃起力が衰えてしまう原因の1つが「血行の悪化」です。勃起力を改善するためにはペニスへの血流の流れをよくすることが大事で、それに役立つ知識をいくつかご説明します。

軽い運動をする

体内の血行をよくするためには、軽い運動をすると効果があります。運動をすると全身の筋肉を使うので血流が活発になり、血行がよくなるのです。

いきなりハードな運動をするのではなく、軽い運動を毎日続けるのがポイント。1日15分程度のウォーキングを続けると効果があります。

ストレッチも血行をよくする効果がありますが、特におすすめなのが風呂上がりに10分程度行うこと。これを毎日続けることで血行がよくなり、勃起力の改善に役立ちます。

睾丸をマッサージする

睾丸の周囲には多くのリンパ節が集まっているため、マッサージをすると血流が増えて血行がよくなります。ポイントは熱いタオルで睾丸を包み込んで温めること。ぬるくなってからそのまま睾丸を軽く揉むようにマッサージします。面倒な場合はお風呂に入って湯船に浸かりながら揉んでください。

睾丸のマッサージを毎日続けることで勃起力が改善します。また勃起したときのペニスの硬さも増し、精力増強の効果も。その他にも腎機能の回復や精液量が増えるなどの効果もあります。

血行がよくなる食事をする

血行をよくするためには普段の食生活も大切です。特に効果的な成分はビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1などで、これらの成分を多く摂取できるような食生活を心がけます。

ビタミンCには血液の主成分である鉄分の吸収を促す効果があり、血液をサラサラにします。赤ピーマンや黄ピーマン、ゆず、アセロラ、パセリ、レモンなどに多く含まれています。

ビタミンEは酸化による血管の老化を防ぎ、全身の血行をよくする効果があります。アーモンド、ヘーゼルナッツ、カボチャ、モロヘイヤ、うなぎなどに多く含まれています。

ビタミンB1にはエネルギーを作り出す働きがあり、内臓の働きをサポートする力があります。豚肉、たらこ、青のり、大豆、昆布などに多く含まれており、これらを食べると血行がよくなります。

男性ホルモンの分泌を増やすためには

勃起力が低下するもう1つの原因が、加齢による「男性ホルモンの減少」です。例え年齢を重ねても、男性ホルモンの分泌に役立つ知識のいくつかについて説明します。

筋力の低下を防ぐ

筋力が衰えると、性行為を維持するための体力がなくなるだけでなく、勃起するパワーもなくなります。それを防ぐには筋力を鍛えることが重要で、運動や筋トレがおすすめ。

筋力の衰えによって男性ホルモンのテストステロンの分泌も減少します。加齢と共に筋力は衰え、男性ホルモンも減少してしまいます。それを防ぐためにも、日常的に筋力を鍛えることが大事になります。

肥満やメタボを解消する

肥満やメタボは生活習慣病にかかりやすくなり、糖尿病発症の危険が高くなります。糖尿病になるとペニスの血管を拡張する作用を持つ栄養素が減少するので、勃起力が弱くなります。

また肥満やメタボ体型は内臓脂肪がつきます。内臓脂肪が多いと男性ホルモンの分泌が少なくなる傾向があり、勃起力が低下します。肥満やメタボを解消するのも男性ホルモンの分泌を増やすために役立ちます。そのためには運動不足の解消が必要です。

規則正しい生活習慣

食生活や日頃の生活習慣が勃起力の衰えに関係してきます。特にタバコは血管を収縮させる作用があるので要注意。アルコールの摂りすぎも、ビタミンやミネラルを大量に消費するので勃起力の低下につながります。

栄養バランスのとれた食生活が大事で、ジャンクフードやインスタント食品をなるべく避けることが必要です。ビタミンやミネラル、アミノ酸などを多く含んだ食事を心がけてください。

勃起力の改善に効果的なサプリ

ネイチャーシード クラチャイダム

血行をよくしたい、男性ホルモンの分泌を増やしたいと思っても、仕事が忙しいと運動不足になったり食生活も乱れやすくなったりします。そのようなときに便利なのがサプリ。勃起力の改善に役立つサプリがいろいろ発売されています。

ネイチャーシードの「クラチャイダム」はアルギニンが豊富で、精力効果で有名なマカの3.5倍以上も含まれています。またスタミナの元となる栄養素のバリン、ロイシン、イソシロシンも豊富に含まれており、勃起力の改善に効果を発揮します。

すこやか工房 マカDX

すこやか工房の「マカDX」には精力増強に効果のある有機マカ、国産スッポン、発酵黒ニンニク、亜鉛、シトルリンが含まれています。特に有機マカは6,000㎎、国産スッポンの成分は50㎎、醗酵黒ニンニクは60㎎が1袋の中に濃縮されています。1日に2粒から4粒服用するだけで、勃起力の改善が期待できます。

VITOX-α(ヴィトックスアルファ)

「VITOX-α」は2016年のモンドセレクションを受賞しており、顧客満足度の高いサプリです。厳選された天然成分のシトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカパウダー、赤ガオクルアが独自に配合されています。

国内男性向け通販サイトでは49ヶ月連続売上げナンバーワンを記録しているサプリで、勃起力の改善に効果が期待できます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る