勃起力を改善できない?正しい食事療法で悩みを解決しよう

勃起力を改善できない?正しい食事療法で悩みを解決しよう

70view

2018.09.27

勃起不全のメカニズム

勃起不全(ED)とは

夜の営みで勃起できないというのは、男として本当に苦しい悩みです。下記のような悩みをお持ちの方も多いかもしれません。

  • 性欲は十分あるが、興奮しても全く勃起しない
  • 勃起してもフニャフニャ
  • 勃起までかなり時間が掛かる
  • 勃起が長時間持続できない
  • フィニッシュまで行けない

悩みは人によって微妙に違ってきます。EDとは、全く勃起しないことや、勃起するまでに時間が掛かってしまうこと、また勃起したとしても途中で萎えてしまうことなど、広い定義で使われています。

勃起不全の仕組み

まずは勃起するメカニズムについて確認しましょう。性的なことをイメージすることや、見たり聞いたりすること、陰部を刺激することで、大脳の性中枢が興奮して、脳から勃起を促す命令が陰部に届きます。

この興奮が勃起神経に伝わると、陰茎の血管が拡張し、陰茎の海綿体というスポンジの空洞のような場所に、血液が大量に流れ込みます。ここで血流が溜まり、内圧が上がるため勃起します。

この過程で何らかの問題が生じると、勃起しない、または勃起しにくくなります。それでは次に、このような問題がなぜ起こるのか、原因を確認していきましょう。

勃起力が弱くなる原因とは

心理的なストレス

心理的ストレスがあると、性的な刺激があっても脳が十分に興奮しないことがあります。毎日の会社で、緊張が続くような状態である場合や、仕事が上手くいかない焦り、また過剰な残業による過労や睡眠不足といったものです。

家庭内でも不和や経済的困窮、パートナーとの絶えない喧嘩など1日ストレスが掛かり続けているのは良くありません。また性交の失敗、性感染症、不倫など性的な面で過去のトラウマがあることなども挙げられます。

血管の障害

加齢により起こる問題としては、血管や神経に様々な障害が起こってくることがあります。特に生活習慣病によるところが大きくなってきます。

生活習慣病には高血圧や糖尿病、脂質異常症、動脈硬化、心血管障害など様々な種類がありますが、これらは特に血液循環に悪影響を及ぼす病気です。これらが陰部の海綿体で、血流障害やホルモンバランスの崩れなどを引き起こす原因となるのです。

神経の障害

脳から陰部に信号を伝える際は、神経を必ず介します。この神経が正常ではない、たとえば自律神経障害などがあると、勃起に支障が出る場合があります。

薬の服用

薬の種類によっては、勃起に関係した神経血管に影響がある場合があります。中枢神経や末梢神経に作用するものから、循環器系、消化器系に作用するものまで、ご自身が服用している薬が影響のあるものかを確認してみましょう。

EDの改善方法

薬の服用

治療のための薬として有名な種類が幾つかあります。これらは、陰部への血流を抑える酵素の働きを妨げることで、結果的に陰部の血流量を増やし勃起を促すというものです。しかし、全員に同じ効果があるという訳ではなく、個人差が大きいようです。

過去に頭痛や体が熱くなるなどの副作用の問題がありましたが、現在は医療用医薬品として厚生労働省の承認を得ているものもあります。承認を得ている薬を使用するには医師の処方が必要ですので、専門機関に相談するようにしましょう。

食事療法

薬による治療は副作用の心配がありますので、副作用は嫌だという方は食事による改善を目指すという選択肢もあります。ED改善に必要な栄養素を摂取する方法です。EDの原因は血流が悪いことですから、この血流を改善することが重要となってきます。

毎日の食生活を見直すことで改善を図ることが可能となります。EDに効果的といわれる食べ物を紹介しますが、まずは血流が良くなる食べ物からみていきましょう。

  • 玉ねぎ

辛みと香りの成分が、血液が固まるのを防ぎ、サラサラ血液へと促します。

  • 人参

人参はβカロチンとビタミンEを含んでいます。βカロチンは活性酸素から血液を守るため、血液の汚れを防ぎます。ビタミンEは血管を拡張し、血液循環を良くする効果があるとされています。

  • 生姜

生姜に含まれるジンゲロンやショウガオールに、血管の回復作用や、血液のドロドロを解消するなどの働きがあります。

鮭はビタミンを多く含んでいるだけでなく、血液をサラサラにするDHAとEPAという脂肪酸が豊富に含まれています。

次に精力増強を期待できる食べ物をみていきましょう。

  • カキ

カキは「海のミルク」と呼ばれているように、身体に必要な必須アミノ酸やタンパク質、ミネラルなどの栄養素が大変豊富に含まれています。亜鉛やアルギニンは、精力増強を期待できる成分です。

  • アボカド

亜鉛が非常に多く含まれていることで有名なアボガドですが、注目したいのはビタミンEが豊富に含まれている点です。ビタミンEは男性ホルモンの分泌を促す効果が期待できます。

  • うなぎ

うなぎは夏の疲労回復や夜の滋養強壮として有名です。亜鉛やタンパク質、アルギニンを多く含んでいることに由来します。ビタミンEが血流を良くしてくれる点も見逃せません。

  • 鶏肉

脂身が極めて少ないため、血液を悪化させる心配が少ないというのも理由の一つですが、タンパク質やビタミンA、ビタミンB2、ナイアシンなども同時に摂取できることがメリットです。特にタンパク質は精子を作るために重要な要素の一つです。

サプリで悩みを解決

VITOX-α(ヴィトックスアルファ)

勃起改善のために有効な成分を摂取しようとしても、忘れてしまって、なかなか効率よく摂取できないものです。そういう時に便利なのが、サプリメントの存在です。手軽に、そして確実に栄養分を補給できる補助食品なので、積極的に利用したいところです。今回は特におすすめの3種類のサプリを紹介することにしましょう。

4年連続で売上1位を獲得している人気サプリ「ヴィトックスアルファ」です。カプセルタイプなので成分が浸透しやすいのが特徴です。先述したアルギニンや亜鉛が含まれる他、シトルリンやガラナ、マカ、赤ガオクルアなどの厳選された天然成分が含まれています。

中でも主成分であるシトルリンは従来の2倍に配合量が増えています。シトルリンは陰部の血行促進に役立つ成分ですので、成分量が増えると当然、期待できる効果も大きくなります。

すこやか工房 マカDX

有機認証を受けた有機マカを主成分とした安心のサプリです。マカとは南米ペルーのアンデス山脈で栽培されている植物で、幾つか種類があります。中でも本来の力を発揮でき、多くの栄養素が含まれる「有機マカ」を6,000mgも配合されています。

マカにはビタミンEやアミノ酸などの成分が多く含まれていることで、勃起力の改善が期待できます。また精子の量に好影響を与えるステロールや亜鉛も含まれているのも、大きな特徴です。

また、サプリに含まれる滋養強壮の王様であるスッポンやスタミナの元になる醗酵黒ニンニクは、夜の営みをサポートします。他にも亜鉛やシトルリンなども豊富に配合され、必須アミノ酸やミネラルなど、体に不可欠な栄養素もたくさん安定的に摂取できるのが嬉しい点です。

ネイチャーシード クラチャイダム

アルギニン含有量がマカの約3倍程度と効能がパワーアップした同サプリは、もうひとつ注目すべき点があります。それは商品名の由来にもなっているタイ原産の植物「クラチャイダム」が豊富に含まれていることです。この植物には、11種類のフラボノイドが含まれており、抗酸化作用で有名な成分が配合されています。

血液を若返らせ、動脈硬化や心筋梗塞などを防ぐことが期待される成分であることから、EDの改善にも大きな期待がされています。

勃起不全は生活習慣が大きく影響することが分かりました。食生活の改善や不足した栄養素をサプリで補うなど、毎日の生活で改善意識を常に持ち実行していくようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る